北九州市で相続・遺言等の終活、離婚相談、交通事故トラブルなら高村行政書士事務所

財産の問題(財産分与、慰謝料など)
財産分与

財産分与とは、夫婦の共有財産を離婚を気に分配することです。
財産の分配ですから離婚原因があっても請求できます(不貞を働いた妻からでも要求できます)
財産分与には次のことが考慮されます。
 ・慰謝料  まったく別のものですが、金銭的要求としては同じなので一括して話し合うことがあります。
 ・扶養料  離婚によって経済的困窮が予想される場合に、援助として考慮されることがあります
 ・過去の婚姻費用の清算  離婚するまでのは別居していても夫婦なので生活費を一方が負担することがあります。これを清算することを考慮するものです。

● 対象となる財産
・ 現金 預貯金
・ 有価証券
・ 保険
・ 不動産
・ 家財道具 絵画、美術品などの動産
・ 車
・ 負債  など
夫婦が婚姻期間中に形成した財産で、財産価値のあるものはすべて対象となります。 (名義は夫のものでも妻のものでも同じように扱います)
ただし、親から相続したものなど夫婦の協力とは関係のないものは特有財産ですので、財産分与の対象とはなりません。

● 財産分与の時期
通常は離婚する時に一度の決めてしまいますが、離婚後2年以内であれば離婚後に請求することもできます。
離婚には双方同意しているが、財産分与だけに争いがあるという場合、とりあえず離婚だけで成立させておいて、後から財産分与だけを話し合うということも可能です。
話し合いがまとまらない場合、家庭裁判所に調停を申し立てることもできます。(財産分与のみの調停です) 調停でも話し合いがまとまらない場合は審判が下されます。
財産関係のは話し合いは長引くこともありますので、早期に生活の安定を図りたい方は、 離婚だけで合意して届出を出しておいて、後から財産分与の話し合いをするという方法をとることができます。

● 財産分与の方法
夫婦の財産が不動産しかない場合など現物を分割することが不可能な場合
代償分割(一方が全部を取得し、相手方に相当分の金銭を支払う)
換価分割(財産を処分して代金を分割する)
の方法がとられます。

慰謝料

慰謝料とは違法もしくは不当な行為によって会った被害の損害です。
離婚における慰謝料とは、次の二つをいいます
 [ズЪ体から生じたことによる慰謝料(離婚自体慰謝料)
  離婚をやむなくされたこと、配偶者という地位を失うことに対する慰謝料です
◆[ズЦ彊となったここの違法行為によって被った精神的苦痛の慰謝料(離婚原因慰謝料)
  不貞行為が最も多いですが、暴力、借金、虐待、生活費をわたさない、同意のないセックスなども含まれます。
上記の二つの慰謝料は個別に判断されるのではなく、一切の事情を考慮して金銭的な評価をします。
考慮要素としては
・責任の割合
・離婚原因を故意に行ったか
・有責配偶者の職業、収入、性別、年齢
・婚姻期間
・日常生活における精神的苦痛の程度
・子どもの有無   など

● 第三者への慰謝料請求
離婚原因を作ったのは第三者である場合、その第三者の行為も権利侵害になりますので、慰謝料請求をすることができます。
詳しくは、内容証明郵便のページをご覧ください。
特に、不貞行為は一人ではできませんので、相手方に責任をとらせたいと思うものです。
ただ、浮気相手への慰謝料請求はせいぜい100〜300万円程度です。
弁護士に委任する場合一般民事事件でも着手金は20から30万円、報酬も同じように必要です。